10月5日〜10月7日 宇都宮競輪F2 スポーツニッポン杯

第4レースチャレンジA級予選 橋本良選手
打鐘から前に出た橋本良選手。ペースはまだスローだが、必ずや後方から5番車方折選手と7番車駒場選手がカマシてくるだろう。 最終H、3ラインが激しい先行争いに! 片折選手と駒場選手の主導権争いが長くづづく。橋本良選手、付き切れず後ろに下がった。
もがき合いを制した、片折選手が番手3番車三浦選手を連れて最終コーナー先頭に。 方折選手、相当脚を使っただろうが、粘りを見せる。これは今後片折選手、要注意だろう。 600勝達成していた三浦選手がゴール前差した。だが、これで2着残った東京の片折選手のレースは見事だ。橋本良選手、7着で2日目一般戦へ。
橋本良選手、出発前インタビュー
初日 2日目 最終日
第4レース(チA級予選) 第1レース(チA級一般)
車 番
着 順
赤競の並び予想       
バック回数 8回 1回 1回1回 1回
展開予想 バック回数を比較し、8番車大知選手主導権か?大知選手主導権なら、3番車植木選手も捲り脚があり、非常に有利に展開を進められるだろう。車券の人気は2番車本間選手捲りの2=9に集まりそうだ。橋本良選手、とりあえず中団確保、本間選手ラインを7番手にしてから組み立てたいのでは。ちゅうえいの予想では、補充の植木選手からかな。
打鐘から前に出た橋本良選手だが、8番車大知選手が主導権を獲りに行く。橋本良選手が突っ張って、主導権争いになった。 あっと、3番車植木選手踏み遅れたところへ、番手スッポリの橋本良選手。だが、それを察知した大知選手が再びスローペースへ戻す。 番手を橋本良選手と再び番手を取り返そうとする植木選手で併走の形。このスローペースを後方から狙っているのは・・・・
2番車本間選手が捲り上げてくる。大知選手もペースアップするが、一旦先行争いで脚を使っているぞ。 本間選手、捲りきる。番手菅原選手、3番手矢島選手も出切って先頭に。 本間選手が押し切り、ライン上位独占。橋本良選手、2日目見せ場はあったものの9着に終わった。
橋本良選手、出発前インタビュー
初日 2日目 最終日
第4レース(チA級予選) 第1レース(チA級一般) 第2レース(チA級一般)
車 番
着 順
赤競の並び予想       
バック回数 13回 1回 1回
展開予想 初日対戦した片折選手と再戦。初日先行争いし2着になった片折選手を高く評価したちゅうえいだが、ここは細切れの中、ライン3車で逃げる可能性大。静岡勢は千葉勢と別れ別線勝負になりそうだ。Sを取るのは1番車植木選手だろうか?橋本良選手もここでは先行争いまでしないだろうと思う。4番手からの捲り狙いだろうが、誰でも4番手が欲しいところ。片折選手の組み立てと、4番手の攻防がレースの鍵だ。
打鐘からペースあがらず、やはり4番手の取り合いになった。7番車片折選手のマイペースな展開になる。 最後の周回2コーナーから踏みあげる片折選手が主導権を掴む。 橋本良選手が先捲りで、前団に迫ってきたぞ。
だが、3番手付近まで行ったが前団を捕らえるに至らず。片折選手が最後の直線まで先頭で戻ってきた。 片折選手の番手無風で周れた丸選手1着ゴール。橋本良選手、7着で最終日を終えた。
戻る
inserted by FC2 system