1月30日〜2月1日 和歌山競輪F2 和歌山県営第7回前節 

橋本良選手、出発前インタビュー
初日 2日目 最終日
第1レース(チA級予選)
車 番
着 順
サンスポ並び予想       
バック回数 12回 2回 1回
展開予想 5番車高知の水木選手ラインから車券の人気になりそうだ。水木選手はバック12回つけているものの、逃げ・捲り・差し何でも出来る選手のようだ。3番車川西選手は99期新人で、競走得点は61点だが、まだ2走しただけで未知数だ。橋本良選手の番手2番車小門選手が競走得点最上位、ここは南関ライン思い切ったカマシ先行も?
打鐘が入る。4番手をうまく獲った橋本良選手。7番手に下げた5番車水木選手がすかさず主導権を奪いにいく。それに合わせて橋本良選手も主導権獲りに動くぞ。 しかし番手の2番車小門選手が離れてしまい、番手を水木選手に獲られてしまった橋本良選手。3番車川西選手とのもがきあいになる。 水木選手が橋本良選手の番手から番手捲りを放つ。ところがここでも水木選手番手の1番車木村選手が離れてしまった。
水木選手が後続離して最後の直線。2番手は逃げた川西選手が粘っている。 水木選手の快勝ゴール。橋本良選手、番手を水木選手に奪われてしまい、展開も味方せず9着で2日目一般戦へ。
橋本良選手1レースチャレンジA級一般 
野口選手が突っ張り、橋本良選手の番手が1番車大作選手と9番車野口選手とで併走になる。野口選手が内から橋本良選手を交わして主導権に。 2番車田上選手が野口選手との連携離れる。そこを橋本良選手が一旦番手に収まるも、すぐに田上選手が番手を奪い返しに来て、橋本良選手と番手戦という、変わった展開に。 野口選手が大ギアでペースを落としている。橋本良選手も本当は一気に仕掛けていきたいところかも知れないが、内併走ではそれもできないか。
最終3コーナー手前でようやく踏み出す野口選手。番手は田上選手が奪い返した。 一時、連携を外してしまった田上選手だったが、最後の直線では1着も見えてきた。 田上選手、僅かに差した。橋本良選手、番手戦競り負ける形になってしまい、8着でした。
橋本良選手、出発前インタビュー
初日 2日目 最終日
第1レース(チA級予選) 第1レース(チA級一般) 第1レース(チA級一般)
車 番
着 順
サンスポ並び予想       
バック回数 2回 2回 2回 1回 1回
展開予想 2日間とも、変わった展開で展開向かない橋本良選手だが、主導権獲りに動く積極性はあるようだ。中部勢の切り替えがあるかも。新人で地元5番車中野選手の主導権か?橋本良選手のラインは、昨日も連携した3番車大作選手と愛知の7番車米山選手。
打鐘が入る。前受け橋本良選手、一旦突っ張る構えかと思われたが、9番車栗駒選手を叩いて先行する5番車中野選手をみて、後ろへ下げる。 ちゅうえいの予想通り、7番車愛知の米山選手は切り替えていく。行った先は、中野選手の番手だった!1番車吉江選手と競り、ライン分断を狙ってきたぞ。 橋本良選手、8番手で苦しい。だが、前は番手をめぐって大きくもつれ、栗駒選手も中団ながら先行争いで脚を使っている。中野選手番手は3番手からインを掬った2番車薮本選手が漁夫の利か。
8番手から一気に捲ってくる6番車、橋本良選手。この捲りが一気に前団を捕らえにかかる。これは素晴らしい回転で捲っていくぞ!! おっしゃ!!橋本良選手が捲りきったぞ。 最後は後続を引き離して1着ゴール。通算50勝達成おめでとう!
戻る
inserted by FC2 system